すい臓に出来るがんの治療|症状で脳梗塞を見極める|脳の働きを閉ざす病気
病院

症状で脳梗塞を見極める|脳の働きを閉ざす病気

すい臓に出来るがんの治療

男の人

健康診断を欠かさないこと

すい臓がんは、すい臓の膵管という部分の細胞にがんが出来ることが多いです。すい臓は周りを沢山の臓器で囲まれているということもあり、体の奥深くに存在する臓器になります。そのため、すい臓がんを発見するのは難しく特に早期の段階で発見するのが非常に難しいと言われています。発見出来た時には、かなりがんが進行していることが多いので治療法があまり無いのが特徴です。出来るだけすい臓がんにならないようにすることと、出来るだけ少しでも早く発見することが大事になります。健康診断を定期的に行うことで、すい臓がんを発見出来るケースもあるので何も体に異常を感じなくても毎年一年に一回は必ず健康診断を行うようにすると良いでしょう。

少しの症状も見逃さない

すい臓がんになっても、あまり自覚できる症状は無いと言われています。しかし、ちょっとした症状を見逃さないようにすることで早期発見につながる場合もあります。すい臓がんになると、みぞおちあたりの胃が痛くなったり食欲不振、体重減少、背中の痛みがあげられます。その他にも、肌や白目の部分が黄色くなる黄疸が出たり、尿の色が急に濃くなることがあります。また、今まで健康だったのが急に糖尿病になったり血糖値の上昇を抑えられなくなるという症状が出ることもあります。必ずしも、すい臓がんが原因でこれらの症状が起きるわけではないですがすい臓がんである場合もあるのでいつもと何か違う症状が感じられた場合はすぐに病院を受診します。